ブロキガチーム

 

A mother and her daughters . . .

カーリンとスティーナ・ヴィルセンがリトルピンク&ブロキガの絵本を書き、二人の姉妹がリトルピンク&ブロキガのブランドを開発しています。

スティーナ・ヴィルセンはイラストレーターで、アンナ・ヘーリングはインダストリアルデザイナーです。彼女たちの母親は優れた教師でした。

基本コンセプトから製品に至るまで、全てのデザイン工程を一緒に進めています。

スティーナ・ヴィルセンは、姉のアンナ・ヘーリングと共に、保育所のペインティングや壁紙、そして他の様々なアイテムで、子どもたちの毎日を明るく彩っています。

 

スティーナ・ヴィルセン

Stina

子どもはみんな大切なもの。

スティーナ・ヴィルセンは、スウェーデンで最も良く知られているイラストレーターです。彼女は、子どもの本のイラストだけではなく、新聞掲載用のイラストや、肖像画のイラストレーターとして、とても有名です。一見シンプルなスタイルで、わくわくするような力強い絵を生み出します。ペンや筆を数回動かすだけで、必要最低限のモノをとらえるには十分です。彼女は、テーマのない絵を描くことを避け、その作品の幅は、ファションや人間の心をとらえたものから、子どもの本にいたるまでにいたっています。スティーナと母カーリン・ヴィルセンが一緒に 生み出したのが、最高傑作のブロキガシリーズです。ブロキガシリーズは、リトルピンクとブロキガたちについての作品です。

スティーナ・ヴィルセンは、ヘッファクルンペン賞、エルサ・ベスコフ賞など、さまざまな名誉ある賞を受賞し、子どもの本、新聞掲載用のアートやイラスト、デザインが高く評価されてきました

 

www.bonniercarlsen.se

www.woo.se

 

Anna

古いものを利用して新しいものを作っています。

アンナ・ヘーリング

アンナ・ヘーリングはインダストリアルデザイナーです。主にメガネ、インテリア、照明のデザインをしています。ブロキガではクリエイティブディレクターとして活躍しています。最先端の技術を使って、革新と環境の両立を目指してしています。

 

 

 

www.annahorling.se

www.berghsforlag.se

 

Carin

遊びが一番大切

カーリン・ヴィルセン

子どもの本の作者であり、学校教師としての長い経験をもつカーリン・ヴィルセンは、スティーナ・ヴィルセンとアンナ・ヘーリングの母親です。スティーナとの共著で、人気の子どもの本を約40冊も書いており、スウェーデン、ノルウェー、ベルギー、日本でも翻訳出版されています。これらの本は、どれも、健全な教育哲学をベースにしたものです。

カーリン・ヴィルセンの、子どもたちの初期の言語発達と概念認識力に対する関心が、彼女の作品の中心テーマで、治療教育としての読み聞かせの経験が、彼女の作品に反映されています。カーリンは、教えること、そして学ぶことは、楽しく、そして充実した経験であるべきだと考えています。たとえば、両親が子どもたちに本を読んで聞かせると、子どもたちは気づかないうちにあっという間に10まで数えられるようになっているのです。

www.bonniercarlsen.se

www.rabensjogren.se

 

歴史

子ども時代からずっと、スティーナとアンナは一緒に遊び、いろいろなことを生み出すのが大好きでした。幼いころは、壁や家具に絵を描くことを

だんだん大きくなってくると、雨の日 には、絵を描いてそれを切ってペーパードールを作ったり、本棚の中にぬいぐるみのため用のおうちを作ったりしたものです。種をまいたばかりの芝生のうえに、トロールのための大昔の住居を作ったこともあります。これは、さすがにいつもは何も言わないお母さんも、ディナーの前に片づけなければなりませんでした。両親ともども、美術教師だったので、家の中はいつも紙やペン、その他の画材であふれかえっていました。

1990年の初め頃、成長したスティーナとアンナは、スウェーデンの最も大きな美術大学であるコンストファックに通い、その後家庭を築き、二人とも三人の子どもの母親でもあります。

子どもたちが少し大きくなると、二人はまた一緒に遊ぶ時間が増えてきました。2007年に思いついたのが、それぞれの専門分野、すなわちイラストレーションとインダルトリアルデザインを合わせて何かをすれば最高だ、ということでした。こうして生まれたのが、ブロキガブランドなのです。

 

playwithus3

ブロキガチーム

 

A mother and her daughters . . .

カーリンとスティーナ・ヴィルセンがリトルピンク&ブロキガの絵本を書き、二人の姉妹がリトルピンク&ブロキガのブランドを開発しています。

スティーナ・ヴィルセンはイラストレーターで、アンナ・ヘーリングはインダストリアルデザイナーです。彼女たちの母親は優れた教師でした。

基本コンセプトから製品に至るまで、全てのデザイン工程を一緒に進めています。

スティーナ・ヴィルセンは、姉のアンナ・ヘーリングと共に、保育所のペインティングや壁紙、そして他の様々なアイテムで、子どもたちの毎日を明るく彩っています。

 

スティーナ・ヴィルセン

Stina

子どもはみんな大切なもの。

スティーナ・ヴィルセンは、スウェーデンで最も良く知られているイラストレーターです。彼女は、子どもの本のイラストだけではなく、新聞掲載用のイラストや、肖像画のイラストレーターとして、とても有名です。一見シンプルなスタイルで、わくわくするような力強い絵を生み出します。ペンや筆を数回動かすだけで、必要最低限のモノをとらえるには十分です。彼女は、テーマのない絵を描くことを避け、その作品の幅は、ファションや人間の心をとらえたものから、子どもの本にいたるまでにいたっています。スティーナと母カーリン・ヴィルセンが一緒に 生み出したのが、最高傑作のブロキガシリーズです。ブロキガシリーズは、リトルピンクとブロキガたちについての作品です。

スティーナ・ヴィルセンは、ヘッファクルンペン賞、エルサ・ベスコフ賞など、さまざまな名誉ある賞を受賞し、子どもの本、新聞掲載用のアートやイラスト、デザインが高く評価されてきました

 

www.bonniercarlsen.se

www.woo.se

 

Anna

古いものを利用して新しいものを作っています。

アンナ・ヘーリング

アンナ・ヘーリングはインダストリアルデザイナーです。主にメガネ、インテリア、照明のデザインをしています。ブロキガではクリエイティブディレクターとして活躍しています。最先端の技術を使って、革新と環境の両立を目指してしています。

 

 

 

www.annahorling.se

www.berghsforlag.se

 

Carin

遊びが一番大切

カーリン・ヴィルセン

子どもの本の作者であり、学校教師としての長い経験をもつカーリン・ヴィルセンは、スティーナ・ヴィルセンとアンナ・ヘーリングの母親です。スティーナとの共著で、人気の子どもの本を約40冊も書いており、スウェーデン、ノルウェー、ベルギー、日本でも翻訳出版されています。これらの本は、どれも、健全な教育哲学をベースにしたものです。

カーリン・ヴィルセンの、子どもたちの初期の言語発達と概念認識力に対する関心が、彼女の作品の中心テーマで、治療教育としての読み聞かせの経験が、彼女の作品に反映されています。カーリンは、教えること、そして学ぶことは、楽しく、そして充実した経験であるべきだと考えています。たとえば、両親が子どもたちに本を読んで聞かせると、子どもたちは気づかないうちにあっという間に10まで数えられるようになっているのです。

www.bonniercarlsen.se

www.rabensjogren.se

 

歴史

子ども時代からずっと、スティーナとアンナは一緒に遊び、いろいろなことを生み出すのが大好きでした。幼いころは、壁や家具に絵を描くことを

だんだん大きくなってくると、雨の日 には、絵を描いてそれを切ってペーパードールを作ったり、本棚の中にぬいぐるみのため用のおうちを作ったりしたものです。種をまいたばかりの芝生のうえに、トロールのための大昔の住居を作ったこともあります。これは、さすがにいつもは何も言わないお母さんも、ディナーの前に片づけなければなりませんでした。両親ともども、美術教師だったので、家の中はいつも紙やペン、その他の画材であふれかえっていました。

1990年の初め頃、成長したスティーナとアンナは、スウェーデンの最も大きな美術大学であるコンストファックに通い、その後家庭を築き、二人とも三人の子どもの母親でもあります。

子どもたちが少し大きくなると、二人はまた一緒に遊ぶ時間が増えてきました。2007年に思いついたのが、それぞれの専門分野、すなわちイラストレーションとインダルトリアルデザインを合わせて何かをすれば最高だ、ということでした。こうして生まれたのが、ブロキガブランドなのです。

 

playwithus3